2013/08/11

うなぎねこ

引き続きこじま家(我が家)では
川上弘美旋風が吹き荒れている。
(字面だけ見ると海辺の暴走族みたいだ。)
朝から、二冊ある「東京日記」1と2の
気に入ったところを見つけては
互いに交換しながら読んでいる。
少しの間、暑さを忘れる。
たぶんおもしろさというものにも
温度のようなものがあって、
川上さんのそれは低温なおもしろさなのだと思う。
そして私たちの好きな笑いはそちらのほう。
大阪出身の(だからかどうかは知らないが)
タケシくんは時に暑苦しい笑いも好むようだけど。
関西出身者のノスタルジーか。

朝、7時に目が覚めた時にはすでに蒸し風呂状態。
昨日が今年で一番暑い日で、それならがんばれそう、
というのは解釈の間違いだったんだ、と即座に気付く。
一番暑い日が昨日であろうとなかろうと
今日も暑いことに変わりはない。
夏はまだまだこれから。

猫たちが、もう二階にはいられない、と
どろどろと階下へとけだしている。
床では寝心地が悪かろうと籠も階下へ移動し、
水だけはしっかり飲むのよと言い聞かせる。
夏のミツはうなぎにそっくりだ。
見た目も、雰囲気も。
寝ていない時はぬらぬらと動き回っている。
「うなぎねこ」と検索してみると
思いがけず結構ヒットする。
世の中にはうなぎのような猫が割といるのだと知る。

今日のタケシくんのまかないごはんは
鶏とごぼうの混ぜごはんと厚揚げとネギのお味噌汁。
混ぜごはんがとてもいいお味。
お味噌汁はちょっともの足りない感じがしたので
フリーズドライのゆずをふってみる。
具の種類が少ないので厚揚げの油が少し濃いかな。
私のお昼はこのまかないごはんと、
きゅうりに味噌をつけて、しゃくしゃく食べる。
明日と明後日はおかゆちゃんの
まかないごはんなのだそうだ。
楽しみである。

やはり暑さのせいか、日曜日にしてはお客さんが少ない。
あんまり多くても暑くなりすぎる感じがするので
これくらいがよいなと思う。
川上さんの本を、惜しみつつお店の棚に戻す。

とある有名な作家さんが家族でいらっしゃる。
(川上さんではない。)
これで二度目。(前回は確信が持てなかった。)
もちろんお店にも本を置いていて
昔は結構読んだものなのだけど
最近めっきり読んでいないなぁと思うと
なんだか急に恥ずかしくなって声をかけられない。
私の自意識過剰なのだということは、わかっている。
お話できなかったので名前は書かないことにします。
楽しんでいただけてたらよいのですが。

晩ごはんは、歯科矯正している歯の調子が
少しよくなってきたので
(毎月の調整の後しばらくは
ものをよく噛むのがおっくうになる。)
久しぶりに玄米ごはん、
豆腐となすとピーマンと人参の炒めたの、
じゃがいもとキャベツのごまみそ煮、
頂き物のとうもろこしを茹でて。
ごまみそ煮には半端に残っていたズッキーニも
おおぶりに切っていれる。
じゅわじゅわしておいしい。

夕方以降は昨日よりもほんの少し、涼しい。