2013/08/24

雨と霧と夏休み

裏磐梯から帰ってくると黒磯はすっかり秋。
風が大きく吹いていて気持ちがいい。
二泊してきただけなのに、風が変わっていて、
なんだかしばらく留守にしていた気分。
やっぱり家はいいなぁ。

家族旅行で夏休み気分を味わうつもりが、
会津を巡ったり裏磐梯で過ごしている間中
ずーっと雨降りで夏らしくないお休みだった。
でも、裾のほうが雲に隠れた磐梯山や、霧煙る朝の湖というのもいいものだ。
新しく手に入れたカメラで何か撮りたくてしょうがないらしい父は
「雲にかくれて山の写真が撮れない。」とぼやいていた。
私たちはカメラを忘れて(よく忘れる)ここに載せるような写真もとれず。
タケシくんは次の日仕事なので一足先に家へ。
私はお昼までには帰るからと両親と一緒に裏磐梯に一泊。

母はテレビが大好き。
旅行先でも夜はかならずテレビを見ている。
私は退屈してしまうのだが、音が気になって本にも集中できないのである。
しかたないのでぼんやり見ていると、シダミヨコさんのパフォーマンスが始まった。
美しい動きと完璧なバランスで、椰子の枝を何本も何本も重ねていく。
あまりに繊細で、見ているほうまで息がとまりそう。
椰子の木が生き物のように見えてくる。
一羽の大きく美しい原始の鳥と心を通わせている、そんな感じ。
すばらしいものを見てしまった。
父も母も寝ていて残念。

それにしても二日とも寝付きが悪かった。
(父のいびきがうるさいのである)
今日はゆっくり寝られるといいな。
(タケシくんは歯ぎしりがうるさいのである)

晩ごはんは、タケシくんが作ってくれていた大根と人参のみそ汁、
大根の皮と打ち豆とおあげの炒り煮、
じゃがいもとアスパラとアンチョビのサラダ。

道の駅で買った、食用ほおずきを食べる。
見た目と食感は小さな黄色いミニトマト。
味は、なんとなーく梨っぽいような。
うすら甘くて少し酸っぱい感じ。
不思議な味!