2013/09/02

秋は読書も食欲も

涼しくなったら、マフィンを焼こうと決めていて、
それで、今日。

夏の間はオーブンを使うのが嫌だったので、しばらくぶり。
材料庫を確認してみると、全粒粉もないし、アーモンドプードルもない。
というわけで、すごーくシンプルな材料で、焼いてみました。
クランベリー入りの、カカオマフィン。
少しぱさつくけど、さっくり軽く、甘さ控えめでおいしい。
しばらく置いたらもうちょっとしっとりするかな。
ビターな生地にクランベリーがよく合う。

数日前に急に決まって、明日から出かけることになった。
冷蔵庫の食材もできるだけ使い切っていかなきゃならないし、
掃除機も家中かけておきたいしで、手分けして、朝から大忙し。
掃除機の大嫌いな猫たちも大わらわ。
きみたちのせいで、ホコリ(ほとんどねこ毛)だらけなのだぞ。
食材は、何日か前から計画的に使っていったので、
今日の昼と夜にがんばればなんとかなりそう。

ミチオさんが東京から知り合いを連れてきてくれる。
その後、まこさんが来てくれて、ひさしぶりに少し話す。
まこさんたちも、なにかと決めていかないといけない時期なんだ、と言っていた。
じっくり話し合って、納得して、決めなくちゃね。
でもホントに、やっぱりみんなそんな時期なんだねぇ。しみじみ。

どんな決断をするにせよ大事なのは、「覚悟」なのかなと思う。
腹をくくる、というやつ。
私たちはこうしよう、と決めた時に、その決断の結果を、
夫婦揃ってよりよいものにしていくんだという覚悟を決めること。
そうすれば、決めたことに少々不安になった時でも、
お互い相手のせいにすることなんてできないのだ。
そもそも結婚って、ひとつの重大な覚悟なのではないかな、と思ったりする。
親になることも、そう。
そして一度腹をくくってしまえば、何があっても結構平気なものだ。
逆説的だけど、覚悟を決めてるほうが、気楽に生きられるような気がする。

恋ってすごくいいものだけど、結婚って、さらに、おもしろい。
覚悟を決めたからこそのおもしろさなのだ、きっと。

またその後、てるちゃんが来てくれて、
今日は友人のたくさん来てくれた日だったのでした。
とてもうれしい日である。
やっぱり涼しくなると本でも読みたくなるのかな。
明日から金曜まで一寸お休みです、みなさんごめんなさいね。

晩ごはんは、豚肉とゴーヤとエリンギのみそ炒めと、
きゅうりの塩もみ、みそ汁(とうふ、小松菜、ネギ)、ごはん。
今更ながら、うちのみそ汁は、いりこでだしをとって、
それをそのまま具にして食べる、弓田式です。
こんぶも、よく入れます。

























これは明日の朝ごはん。
明日は5時起きで出発よ。