2013/11/14

クリスマスモビール製作中

未だ冷めやらぬモビール熱。
今度はクリスマスモビールなのだそうだ。

夕食後、「さ、モビール作ろうっ」と、いそいそと準備をしだす。
私ではなく、もちろん、タケシくんである。
1週間前くらいから試作を始めて、すでに小さめのものが一つ完成し、
本のストックルームに吊るされている。
なにかの拍子に目にされた方には、気が早いなぁと思われているのかしら。

家にはいつのまにかモビール専用の木箱が用意されていて、
その中がツリーのモチーフでいっぱいになるくらいに、
今日はひたすらせっせと緑色の紙でツリーを切っていた。
楽しいのかなぁ、楽しいのだろうなぁ、きっと。

作業的にはそんなに難しくないので、1、2時間ほどでまたひとつ完成。
モビールは形にしてからの、微調整が大事なのだ。(たぶん。見ててそんな気がした)
前回よりも大きめで賑やかな、クリスマスらしいモビール。
これはゼロヨン付近に飾るつもりにしているのだそう。
早く吊るしに行きたくてしょうがないのだけど、
まだちょっとクリスマスには早いかなということで、
タケシくんもモビールも、なんだかそわそわしている。
それにしてもこのペースではそのうち家がクリスマスモビールだらけになりそう。
クリスマスモビールがたくさん吊るされた古本屋。
なんだか浮かれた感じだ。うーん…。

晩ごはんは、銀だらの煮付け、小松菜とおあげの煮浸し、
バンサンスー、みそ汁(里芋、豚肉、こんにゃく、とうふ、かぶの葉)、ごはん。

バンサンスーというのは、春雨の中華風酢のもの。
実家で母がよく作ってくれたものなのだ。
タケシくんも私もこれがとても好きで、多めに作ってもすぐになくなってしまう。
薄焼き卵、ハム、きゅうりを千切りにし、茹でた春雨と合わせて、
しょうゆ、砂糖、ごま油、塩少々で味付け。
今日は千切りの人参も入れて、彩りよく。

銀だらの煮付けは、脂がのっておいしかった。
残りの煮汁で大根とゆで卵の煮物にして、次の日のおかずにする。

休みだったので久しぶりにおかずをいろいろと作った。
本当はいつもこれくらい作りたいのだけど、なかなかそうはいかない。
北側にある台所が寒すぎて、しばらくいると凍えてしまうのだ。
これからの季節はごはんの用意が大変、大変。