2013/12/12

持ち寄り忘年会とヨガの時間

昨日はお店が静かで静かでどうしたものかと思っていたら、
友人がちょこちょこと訪ねてきてくれたのでした。
検診帰りのトモちゃんと、はるたくんを連れたマナさんが来てくれる。
はるくんがお利口なので母たちは少し座っておしゃべりなんかも出来て、
うれしいひととき。
妊婦の話や育児の話、マナさんとは通ってた病院が一緒だったりして。
外が暗くなる頃にセンキヤのタカハシくんが家族でご来店。
すごくすごーく久しぶり。
奥様も妊婦さんで、なんと来月、二人目を出産予定とのこと。
大きなお腹でやってきてくれたのだ。
千里くんも前に会った時は赤ちゃんだったのに、
ずいぶん大きくなっていて、口も達者。
目も髪もくりくりですごくかわいくなっていた。
そんな感じで、小さい子どもと妊婦さんの集まる一日。

今日は予定が目白押し。
夜の持ち寄り忘年会のために、ひよこ豆の煮込みを仕込む。
昨日の夜から水に浸しておいた豆を、
スパイスとみじんぎりにして炒めたにんにくと玉ねぎとセロリと一緒に、
輪切りにしたトマトとローリエを加えて煮込む。
にんにくはほんの少しで、玉ねぎとセロリはたっぷり。
スパイスは、クミンとコリアンダー。
味付けは塩と白こしょう。
30分くらい煮たら豆がやわらかくなってくるので、
火から下ろして休ませておいて、そのままおでかけ。

お昼前から大田原へタケシくんの散髪に。
その後はお昼を食べたり買い物やらなにやら用事を済ませて家に戻る。

妊娠するまではずっと私が髪切り担当だったのだけど、
前回からはタケシくんの頭もぐんちゃんにお世話になっている。
ぐんちゃんはもともとうちのお店のお客さまで、
美容師さんだと聞いてからずっと通わせてもらっているのだ。
同い年で、なんだか妙に気があって、
行きつけの美容師さんというよりもお友だち付き合いさせてもらっている。
いつのまにか周りの人たちもぐんちゃんのところに行くようになっていて、
黒磯で美容院を開いて欲しいなー、と、誘致しているところ。

忘年会の前に、トモちゃんのヨガのクラスを受けに行くので、
お料理の仕込みの続きをしつつ、少し休憩。
ひよこ豆はほくっとした食感に仕上げたいので、
160度のオーブンで1時間ほど加熱。
ふたをはずして鍋ごとオーブンに入れて、
煮汁を飛ばすように焼き上げる。

タケシくんは髪がすっきりしたからか、冷えた冷えたと言って足湯をしていた。
足湯をしながらコクリコ坂を観て、その後、和風ローストチキンの漬け込み。
酒、醤油、すりおろししょうがに漬け込むだけのシンプルなレシピ。
調味料がいいとシンプルな味付けでじゅうぶんおいしい。

忘年会のプレゼント交換の準備やらなにやら、
ばたばたと用意をして、ヨガに向かう。
EARTH YOGAのトモミ先生のヨガには、二人とも初参加。
ずっとずっと参加したいと思っていたのだけど、
予定が合わなかったり、つわりで体調が悪い時期(私もトモちゃんも)
があったりで、今まで行けていなかったのだ。
忘年会の直前ということで、タケシくんは二の足を踏んでいたのだけど、
無理矢理にでも引っ張ってきてよかった。
タケシくんは簡単なストレッチのような朝ヨガを受けたことがあるくらいで
ヨガはほとんど初めてのようなものなのだ。
普段使わない筋肉を動かすので、思ってたよりずっとハードで
体に効いている感じだったらしい。
すごくよかったようで、早くも周りの人に
「ヨガ、行ったほうがいいよ」と触れ回っている。
かく言う私もヨガはほぼ初心者なのだけど、
はじめのいくつかの動きだけで、足に血が巡っていくのが感じられたりと、
いろんな感覚を体験できておもしろかった。
首の辺りが滞ってくると足にも血が通わなくなるのだなぁとか、
やっぱり体の左側が弱いんだなぁとか、普段はなかなか意識できない
体のクセのようなものにもたくさん気がつくことができた。
動きを覚えて家でやりたい!と思っていたけど、
家では単なるストレッチになってしまいそう。(それも必要だけど)
呼吸を意識して自分の体にただただ集中するためには、
やっぱりヨガの先生の作ってくれる空間と空気の中で身も心も預けて、
というのが必要なんだな(とくに初心者には)、と実感。
トモミ先生の作ってくれるヨガの時間はとっても心地よいものでした。

来週の木曜は陰ヨガ。
ヴィパッサナーの合宿で出会った、ヨガのインストラクターをしている子に、
かおりちゃんには陰ヨガが合うと思う、と言われ、それからずっと気になっていたのだ。
その日は昼間にタケシくんの予定が入っているくらいなので、
19時半のヨガには行けるかな。
タケシくんはお昼からカフェの一階で、ゼロヨンのクリスマス企画
「簡単クリスマスモビールのワークショップ」をすることになっているのだ。
なんと、とうとうタケシくんはモビール作りの講師ということになってしまった。
素人なのに講師だなんて書かれたら困る、と言われそう。
みんなで一緒に簡単なモビールを作ろう、という気軽なイベントなのです。

さて、急いで着替えて次は忘年会。
行ってみるとすでにみんなの作ってきた料理が
テーブルの上に所狭しと並んでいて、なんと豪華なパーティーなのだ。
一人一人が持ち寄りで、16、7人分くらい。
中には二品以上作ってくれた人もいたのでもっと種類があったのかな。
カメラを忘れてしまい、写真が撮れなかったのが悔やまれるほど。
サラダだけでも数種類、ごはんものに煮込みに、焼き物や揚げ物も。
全種類を少しずつ食べていくだけで結構な量に。
どれもおいしく、楽しくいただく。
着いてからお店のオーブンで焼きはじめたタケシくんのローストチキンは、
焼きたてで食べてもらうことができて大好評だった。
宴会部長マエちゃんの用意していた赤いつけ鼻が
メガネをかけたタケシくんにあまりにもはまっていて、
おもしろくておもしろくてお腹が痛くなるほどに笑う。

ヨガをしてきたのでいつもよりさらにお腹が空いていて、
これまたたくさん、食べた食べた。
明日は検診なのにー。
食べ過ぎた日の次の日に限って検診なのだ。