2013/12/31

おせち作り中

毎年年末年始と休まずにお店を開けていたのだけど、
今年は30、31日をお休みすることにした。
年始は営業するので、少し休んでおこうかなというのと、
思い立って今年からおせちを作ってみることにしたのだ。

祝い肴三種(数の子、黒豆、田作り)、これがあればおせちです、と
どこかに書いてあるのを見かけて、それくらいなら作れそう、と思ったのがはじまり。
どうせかまぼこは毎年買っているし、あとは煮しめやらなますくらい作れば
お重にもいれられるんじゃないかということで、お重も新調することに。
来年は新しい家族が増えるんだしね。
なんてことを考えていてふと、私たちの作る家庭(というのかな、生活、暮らし?)が
誰か(って、自分の子だけども)の実家になっていくのかと思ってびっくりしてしまう。
実家って、帰るものだったけど、誰かが帰ってくる場所を作っていくことになるんだ、
そう考えると、少しだけ、ぴっと身の引き締まるような心持ち。

というわけで、昨日からせっせとおせち作りを始めている。
昨日は、黒豆、くるみ入りの田作り、かぶの菊花漬け、紅白なますを。
田作りって、今までおいしいと思ったことがなかったのだけど、
自分で作ったらおいしいんだな。
さくっと歯触りよく、甘辛い味がクセになる。くるみを入れたのも正解。
今朝、黒豆の仕上げと数の子のしょうゆ漬けを仕込んで、
煮しめ用の干ししいたけを水で戻しながら、ちょっと休憩。
日差しが入って暖かくなっている二階で猫と一緒にひなたぼっこをしているところ。

昨日、黒豆を煮ているところにかなこさんが来てくれて、本を置いていってくれた。
かなこさんは一児の母、育児をしてて泣いちゃうようなこともたくさんあるんだけど、
そんな時にこの本を読んでとてもよかったんだという出産育児の本と、布おむつの本。
出産育児の本をさっそく読みはじめているのだけど、これがとてもすてきな本で、
読んでいるとこれからのことがどんどん楽しみになってくる。
難しく考えないで大丈夫、あなたがこの子を産んで育てることができるからこそ、
お腹にやってきてくれたのですよ。
さぁ、続きを読もうっと。


来年もすばらしい年になりますね。
よいお年をお迎えください。