2013/12/19

クリスマスモビールワークショップ











クリスマスモビールのワークショップ、無事終了。
途中様子を見に行くと、みなさん楽しそうにモビールを作っておられました。
友人たちがこぞって参加して盛り上げてくれたようです。
どうもありがとう。
最後の写真にほおづえをついてぼんやりしているように写っている方がおられますが、
(ちなみに彼は戦場カメラマンではない)
どんなモビールにするかじっくりと案を練っているところ、とのこと。
力作のお正月モビールが完成していたと聞いています。また見せてね。
ワークショップのお土産はタケシくん特製グラノーラ。
クリスマスバージョン、らしいです。
写真を取り忘れてしまったけど、とてもおいしそうに焼けていました。

タケシくんの年末までの仕事がひとつひとつと着実に終わって行くのを、
隣でほっとしつつ、見届けて行っているところ。
「SHOZO JOURNAL」の第二号もそろそろ入稿できそうです。

長丁場になり、へとへとで戻ってきて、
予想通り、ヨガに参加するのを渋りだすタケシくんを、
トモミ先生の陰ヨガのクラスへ半ば無理矢理連れて行く。
疲れていると出かけるのがおっくうになるのだけど、
家でだらだらと時間を過ごしてしまうよりも、
ヨガに出かけて、疲れて固まってしまった体を伸ばしてあげるほうがいい。
行ったら行ったで、後で必ず「行ってよかった」ということになるのだ。
ヨガが終わって帰るころにはタケシくんもすっかり元気に。
それにしても陰ヨガは前回よりもさらに体の深いところに効いている感じだった。
家に帰ってごはんを食べてしばらくすると、
お風呂にじっくり浸かった後のようにじわじわと体の温まってくる感覚が。
いつも冷えている足先までじわっと温かくなっている。すごい。

体も心も軽く、なぜかタケシくんがyoutubeで小沢健二を流しだしたので、
二人でひとしきり歌ったり踊ったり、
すばらしい歌詞にじっと耳をすませたりしてから、おやすみなさい。