2014/12/16

引っ越しました。

みなさん、お元気ですか。
十数年ぶりに、鳥取県民になりました。

小玖有さんも新しい家に慣れてきたようで、のびのび。
引っ越し前夜にゼロヨンで手に入れたペンドルトンのブランケットは、
家族三人つつましく、川の字寝にぴったりのサイズ。
引っ越しを機にたくさんのものを人に譲って減らしてきたので、
身の回りにあるもののほとんどが厳しい審査を通り抜けたお気に入りのものばかり。
ベッドは狭い階段を通り抜けるために簡単なすのこタイプのものを新調したのだけど、
シンプルな作りで組み立ても簡単。寝心地も良く、なかなかいい買い物だった。
いずれは子どもたちに使ってもらうつもり。
テーブルはカランセで尾崎さんにすてきなものを作ってもらったし、
木製のハンガーラックは近所の奥田家具にて。
なんと歩いて数分のところに北欧家具や丁寧に作られた日本の家具を販売している
家具屋さんがあったのである。
こんな田舎の中の田舎に、奇跡的に。
あとはエフスタイルでラグを作ってもらったら完璧だ。
引っ越しの道中、新潟に寄ってエフスタイルにお邪魔しますって言ってたのに、
日が合わなくて結局行けなかったのは心残り。
鳥取から新潟は遠いなぁ。

新居は築浅のアパートで、前の家とは比べ物にならないほどあたたか。
私たちにはなんだか贅沢に思えてしまうのだけど、
でもやっぱり冬は家があたたかいのがなによりうれしい。
外は雪がどっさり積もっていても、家の中はぬくぬく、
おいしいコーヒーをいれて、ほっと一息。
なんて、赤ん坊のいる生活ではそんな優雅にはいかないわけだけれど。

さてさて、まずは暮しを整えて、土地を知って、場所を決めたら、
しっかり働かないとね。
働くのが楽しみで楽しみでしかたない。
そう思えるためにも、育児休暇っていいものだなぁ、なんて。
小島家はただ今、人生のバカンス中。
黒磯のみんなー、カニでも食べにおいでよ。
昨日迷った末に買ったカニ用フォークは工房アイザワのものでした。
カニ用なんてのも作ってるのね。
持ち重りのするカニフォークを洗いながら、
しっかり手応えのある、いいものに囲まれて暮らせるのって幸せだ、と思う。
買った時だけじゃなく、使いながらじわじわうれしいものがいい。
必要以上のものはいらない。いいものを少しだけ。