2014/12/28

親ガニご飯モーニング

 鳥取でカニといえば松葉ガニともうひとつ、親ガニなのです。
親ガニとは松葉ガニ(ズワイガニ)のメスのこと。
小ぶりだけど卵がたっぷりで、みそ汁や炊き込みご飯にすると
いいだしが出てとっても美味しい。
前の晩にせっせと身をほじくり出して、朝から親ガニご飯を炊きました。
今年のクリスマスモーニングは親ガニご飯。偶然だけど。
殻ごと炊き込むのが主流のようだけど、生きたままのカニが売っていたので
買ったその日に調理したくて夜の間に茹でてしまった。
久々に食べたら小さい頃によく食べていたのを思い出して懐かしい気分。
シーズン中にあと何回食べられるかな。

新しい家の近くにはいい産直もいいスーパーもなくて、
野菜は鳥取の市街地のほうにあるわったい菜という八百屋さんまで買いに行っている。
そちらの店長さんが知り合いの知り合いで(鳥取は時々恐ろしくなるくらい
世間が狭いのである)仲良くしていただいていて、
いいお店があってとてもうれしいのだけど、家から車で30分と少し遠い。
卵やお肉、調味料などは鳥取市のこれまたちょっと離れた別のお店に行くか、
倉吉の実家に行ったついでに産直やスーパーで買って帰っている。
魚介類だけは、近海物を選べば最寄りのスーパーでも新鮮でおいしいものが手に入る。
実家でもらってくる野菜は、知り合いの農家や家庭菜園のものばかりで、
どれもこれもおいしい。

小島家のメンバーは新入りも含めて食いしん坊ばかりなので、
食材の調達は生活の中でかなり重要。そんなわけで、いろいろと考える。
結局のところ、その時その時で手に入るものの中でやれるだけのことを
やるだけなのだけど。
でもやっぱりたまには、都会的な、選りすぐりの食材の揃うスーパーにも
行きたいよねー。