2015/02/17

村上さんのところとか

小玖有が生まれて写真に目覚めたタケシくん。
好きこそもののとはよく言ったもので、
写真を撮るのがめきめきとうまくなってきている。

このところタケシくんが傾倒している写真家の濱田英明さんのツイッターを
ちょこちょこチェックしている。
タケシくんが濱田さんの写真がすてきだと言っていたので
ホームページを見ていたら、芳枝さんと海央ちゃん親子の写真が載っていたり、
それを見つけた次の週くらいに、偶然ご本人にお会いする機会があったり
(私は授乳中でその時はご挨拶できなかったのだけど)、
なにかとご縁を感じる方なのである。
もうすぐTOTTORI TOTTORUという、鳥取を撮影した写真展を開かれるのだそう。
大阪と香川の2会場で開催されるようで、まずは大阪のdieciにて、2/21から。
鳥取でも開催できないかなぁ。

それはさておき、その濱田さんのツイッターで、村上春樹さんがまた公式サイトを
開設されていると知った。
「そうだ、村上さんに聞いてみよう」 シリーズの時のような、
一般の人に広く募集した質問・相談に、村上春樹さんが返事を書くというやりとりを
期間限定で公開するサイト。
前回のサイト開設の時は私はまだ村上さんの本すら読んだことがなかったのかな。
後で書籍になったものを読んでとてもおもしろかったので、
またそんなサイトが出来ていると知って、日々の楽しみに少しずつ読んでいっている。

その中に出てきた村上さんの言葉で、
「腹がたったら自分にあたれ。悔しかったら自分を磨け。」というのがあった。
初め読んだ時は、なんだかストイックすぎてちょっと、と思ったのだけど、
それからじわじわと、この言葉の良さがしみ込んできている。
特に自分と全く違う価値観を持つ人と対峙する時に、
心に留めておくと大きな力になってくれる言葉のような気がする。
あともうひとつ、
「ないものは作ればいい。弱いなら鍛えればいい。できないなら練習すればいい。」
これはまた別のところで耳にしたもので、格好よくないし単純なんだけど、
なぜだかとても好きで折にふれて思い出している。
どちらも今の私たちにはぴったりの言葉。

ここにカフェがあったらいいのに!(もちろん古本屋も)という場所を見つけたので、
今必死になって実現に向けて一歩一歩進んでいる。
前途は多難。私が厄年だからか?
でも簡単にはいかないからこそ思っても見なかったおもしろい展開が待っているのかも。
結果を急ぐよりも過程を楽しめるのが人生の達人らしい。
何が正解かなんていくら考えてもわかるわけがないのだから。
やりたいこととやれることがわかっている、それで十分。